MENU

虫歯ができる原因

虫歯ができるためには、歯質、細菌、糖、時間の4つの要素があります。

歯質は、歯が強いか弱いかによって、虫歯菌が出す酸によって歯が溶かされ虫歯になりやすいのかということです。

細菌は、虫歯菌のことでミュータンス菌と言います。 この菌が歯垢を作ったり、歯を溶かす酸を作ります。 口内常在菌と言って、誰の口の中にもいる菌です。 ただ、この菌が多い人と少ない人があり、多い人は虫歯になるリスクは高くなります。

糖は、食べ物の中の糖質が虫歯の栄養源となり、磨き残しがあったり、砂糖を含むお菓子や飲み物を摂りすぎたりすると虫歯になりやすくなります。

時間は、歯質・細菌・糖の要素が重なり、その時間が長ければ長いほど虫歯になるリスクが高くなります。

虫歯菌は糖分を栄養として、歯垢(プラーク)を作ります。 歯垢は虫歯菌の巣で、そこで繁殖します。 虫歯菌の活動が活発になると、酸を作り出し、歯を溶かすようになり、虫歯となります。 口の中の唾液には歯の汚れを落としたり、虫歯菌の酸を中和させる働きがありますが、寝ている時はあまり出ませんので、虫歯になりやすい時間帯となります。

虫歯にならないためにはどうすれば良い?

虫歯にならないためには、虫歯の3要素である歯質・虫歯菌・食べ物が重なる時間をできるだけ少なくすることです。 いつも何か食べのが口の中に入っている状態だと、常に虫歯になりやすい状態だということです。 食事と食事の間に砂糖たっぷりの甘いお菓子を食べたり、甘いジュースなどを飲んだりしていると、虫歯菌にご飯をあげているようなものです。 寝る前にお菓子を食べたりすると、虫歯菌は大喜びです。 虫歯にならないためには、食事と食事の間は間食を控え、お口を休ませてあげることが大切です。

規則正しい生活をすれば、虫歯になるリスクは少なくなります。 唾液も本来の働きができますので、歯の表面の汚れを洗い流し、虫歯菌の出す酸を中和してくれます。 ちょっとしたケガをした時、唾を付けたりした経験はありませんか。 これも唾液に殺菌作用があるからです。 ステインを落とす歯磨き粉 歯のヤニ取り 歯のヤニを取る方法 ステインを除去する歯磨き粉 ホワイトニング用の歯磨き粉

寝ている間は唾液の分泌はかなり少なくなり、無防備の状態になります。 最も虫歯になりやすいときです。 ですから、寝る前にはお菓子などの間食を控えて、歯磨きで口の中をきれいにしておくことが重要なポイントです。

自宅で出来る虫歯予防

虫歯予防には寝る前の歯磨きが一番大切です。 寝ている間は、唾液の分泌量は少なくなるため最も虫歯になりやすいときです。 寝る前にはしっかり歯磨きをしましょう。

また、虫歯の90%以上は歯と歯の間からできると言います。 歯磨きでは60%、デンタルフロスで20%の汚れを落とすことができます。 歯磨きの前にデンタルフロスを使うことがより効果的ということです。

歯磨きをすると、よく口をすすぎますが、あまりすすぎ過ぎると歯磨きの効果が薄くなります。 多くの歯磨き粉にはフッ素が含まれており、歯を虫歯から守ってくれます。 すすぎ過ぎると、フッ素まで洗い流してしまいますので、良く歯を磨いた後は、すすぐのは1~2回程度にする方が効果的です。 規則正しい食生活も大切です。

食事や間食をする度に虫歯菌は酸を出し、歯を溶かします。 唾液の殺菌作用によって歯の修復はされますが、間食が多いとその働きができません。 砂糖の入った甘いお菓子を食べたりや甘いジュースなどを飲んだりしていると、虫歯になりやすくなります。 出来るだけ間食を控え、健康的な規則正しい食生活をしましょう。

更新履歴